行動経済学その1 損失回避性

スポンサーリンク
レンダクル(大)

損失回避性。人は損する行動が大嫌いである。

損を目の前にすると、合理的判断を下せなくなる。なるべく損から逃げようと無意識に行動する。

こう言われると、ムッ!っとしますが、これ、行動経済学で発見された人間の行動心理だったりします。

ダニエル・カーネマンという行動経済学者によって発表された、プロスペクト理論の損失回避性です。

具体的には?

以下の質問は、損失回避性を説明するために、行動経済学の書籍によく書いてあるフレーズ。

問1
A 確実に50万円を貰える。
B コインの裏表当てゲームで、勝てば100万円貰える。負けたらなし。

問2
借金を100万抱えているとします。
C 確実に50万円が無条件に減額されて、半額になる。
D コインの裏表当てゲームで負けたら、100万円減額、外れれば、100万円のまま。

多くの人は、「A」と「D」の選択肢を選ぶ傾向があります。何故答えに偏りが出るのか

期待値は両方一緒

何万人も、同じ条件で(そんな暇な人もいないでしょうけど)この質問をくりかえていけば、「B」はプラス50万に期待値に近づいてき(収束)、「D」もマイナス50に収まって行くもの。「問1」も「問2」もどちらの答えを選んでも、期待値は同じ。いろんな考えの人がいて、答えはまばらになってもいいものとおもえますが、なぜか、答えに偏りが出てくる。どうしてでしょうか。

そう。損失回避してました

問1は、安全牌の「A」を選ぶ方が多いです。目の前にある確実に手に入る50万の大金逃してなるものかと。手に入らなきゃ損してまうやん、という心理。

こちらは、確実な50万円を手に入れておけば、何も手に入らなかった時の、「がっかり感 (損失)」を「味合わないですむ(回避)」からです。もしお金が、手に入らなかったらとても悔しいものです。

問2は、「D」で、どうせ損するなら、一か八かに賭けて、ゼロを引いてやれ。っていう心理。

こちらも、今ある「借金100万円(損失)」を一か八かでもいいから、「借金ゼロ(回避)」にしたいから裏表当てゲームをおこなう。多額の借金なんとかして無くしたい。全部チャラにできたらラッキーだ。

結局損失回避って

人間って「得をするがわかっている場合、儲かる方に手を出(リスク回避)し、損をすることがわかっている場合、損することから逃げる(リスク回避)する傾向がある」

合理的に行動してるつもりでも、実はそうじゃなかった。行動経済学って興味深いです。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
    スポンサーリンク
    レンダクル(大)
    スポンサーリンク
    レンダクル(大)

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください