ビットコインはチューリップの儚さに似るのか

チャート

Bitcoin/USDチャート 月足

ビットコインが最近話題なので。久しぶりに思ったことをつらつらと。

ビットコインの出口戦略は、二通りだと思います。一つは通貨として物品やサービスの対価として支払う。もう一つは、市場での売却で利益を出す。

一つ目の通貨としての価値は、現在東京などの都心部やネットサービス、ビックカメラなどの通販サイトで利用できるようです。

二つ目は市場売却なので、高値になったら売り抜ける。または損切りで売却。

使える場所が限られているため、現在購入している人が通貨として価値を見出してビットコインを購入しているとは思えません。二つ目の理由が購入の動機でしょう。

サービスや物品の対価としてビットコインはそのまま使うこともできますが前述のように使えるところは限られています。

多種多様なサービスを受けるには、ビットコイン市場で売却して日本円なり、ドルなりに変えないと使えません。日本ではビットコイン公設市場は存在せず、私設市場のみ、現在流通している通貨に比べ遥かに流動性が低いものとなります。

流動性が低いものは値が飛びやすく、一夜にして2倍になったり、2分の一になったりと、乱高下して迂闊に手をだすと火傷します。

その上私設市場で相対売買する場合、市場の運営者に取って有利な価格(スプレッドや手数料をぼったくる)ように思えます。あくまで市場運営者の提示した額での売却・購入になるからです。こういうのって手数料を入れ込みやすい仕組みですね・・・・。法的規制もまだないし、私設市場同士の競争も激しくない。となれば・・・・。

それに

というような不具合であったり

市場の運営会社自体が破綻する場合があります。

仮想通貨としてのビットコインは送金であったり、中央政府を介さない新しい技術として可能性は限りなくあると思います。ただ、それを扱うインフラのほうが追いついてなさすぎ感がすげえある。

このまだ未成熟なものに人々が熱狂してる。なんだか違和感を感じます。

オランダで起こったチューリップバブルを思い浮かべるのは、オイラだけでしょうか・・・・。インフラさえ追いつけば、そうはならないと思いますが。今のビットコインはみんなが価値があると思っているだけで実はまだ未成熟なものなんじゃないかなと。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
    スポンサーリンク
    レンダクル(大)
    スポンサーリンク
    レンダクル(大)

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください